防犯用

台風や突風、地震などの災害を最小限に抑える役割を持つ飛散防止フィルムですが、その効果はガラス片の飛び散りを防ぐだけではなく、様々な効果が得られる内容となっています。
飛散防止フィルムは、ガラス飛散防止のほか、紫外線をカットする役割も持っています。

飛散防止フィルムが張られていない家では、日中の紫外線が容赦なく窓から入っていきます。そうすると、お肌のトラブルの元になりますので、家にいながらも身体を悪くしてしまいます。
飛散防止フィルムにガラス交換しておけば、紫外線をカットすることができ、お肌を守る事が出来ます。
フィルムによって紫外線のカット率は変わっていきますが、性能のよいフィルムの場合は、なんと99%以上も紫外線をカットさせるものもあります。

このように、飛散防止フィルムはガラス片飛散防止のみならず、有害な紫外線からも身を守ってくれる優れたフィルムとなります。
近年では、飛散防止フィルムも進化を遂げており、様々な効果をもたらすフィルムも登場しています。
その1つとなるのが、防犯用の飛散防止フィルムになります。もともと飛散防止フィルムは防犯用に作られていなく、あくまでガラス片の飛散防止のために開発された商品になります。
近年では、ガラス片の他に、不審者への侵入を防ぐためのフィルムが開発され、話題を呼んでいます。
空き巣被害のほとんどの手口が、窓ガラスからの侵入になります。窓ガラスを慎重に破っていき、クレッセント錠を回して部屋へ侵入してきます。
フィルムが張られていない窓ガラスは、簡単に不審者へ侵入出来るようになっています。不審者も、窓ガラスを慎重に割る専用の道具なども持ち合わせているので、すぐに家に入られてしまいます。
ここで、防犯用の飛散防止フィルムを使用すれば、ガラスは割られたとしても強靱なフィルムとなっているので、侵入犯を家に入らせません。
この防犯用のフィルムは、こじ破り・打ち破り・焼き破りなどの手口に対して貫通に要する時間を長引かせる効果があります。
実際、侵入犯は窓からの侵入の際、5分以上かかってしまう場合は、大抵諦めてしまう傾向があります。そのため、様々な手口に対して貫通に時間を長引かせる防犯用フィルムは効果が大きいものになります。

種類

飛散防止フィルムはガラス片の飛び散り防止、有害な紫外線カット、防犯に役立つアイテムとなります。
もともとガラス片飛散防止のために作られたフィルムですが、近年から防犯用のフィルムも販売されるようになり、多くの方が飛散防止フィルムにガラス交換をしています。
自然災害、紫外線、不法侵入などの様々な危険なものから身を守ってくれる飛散防止フィルムですが、次は省エネ対策の効果が得られる飛散防止フィルムをご紹介します。

省エネ対策の飛散防止フィルムは、「遮熱」、「断熱」の2つの効果が得られるようになっており、室内をより快適にさせるフィルムとなっています。
このフィルムは、夏には室内に入る熱線をカットし、日射を減らしていきます。日射が減らされることによって、お部屋を涼しくさせてくれる効果が得られます。
冬では、窓から逃げていく熱を減らしていく働きをするので、部屋の中がいつまでも暖かく保てる効果が得られます。
省エネ対策用のフィルムでは、夏の場合、窓ガラスから室内に侵入する日射を約40%も軽減させてくれます。冬の場合だと、窓ガラスから屋外に出て行く熱を約20%も軽減させてくれる効果が得られます。
こうした、効果が得られることによって電気代のコストもかからなくなり、省エネ対策にも繋がっていきます。
もちろん、ガラス破片飛散の防止や窓からの有害な紫外線をブロックする働きもしてくれます。また、フィルムも透明な素材になるので、部屋の明るさもそのままキープさせることが出来ます。

飛散防止フィルムは、主に家の窓ガラスなどに貼られているフィルムとなりますが、現在ではスマートフォンにも取り付けられています。
スマートフォンに取り付けられている飛散防止フィルムは、海外メーカーのスマートフォンには貼られておらず、国内のスマートフォンのみに貼られています。
こちらは、スマートフォンを落下などで画面のガラスが割れた際に飛散を防ぐものとして貼られています。
また、スマートフォンに飛散防止フィルムを貼っておくことによって、スワイプの調子が良くなったり、画面がより美しく見える効果が得られる内容になっています。

このように飛散防止フィルムは様々な場面で活用されているアイテムとなっています。